読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子持ち共働き夫婦の家計日記

子持ち共働き夫婦の幸せ生活と資産形成

初乗り410円タクシーはお得か。料金比較からわかる損益分岐点

お金の話 雑記

スポンサーリンク

チョイ乗りタクシー始まる

 国土交通省が、東京都心部でタクシーの初乗り運賃を410円にする実証実験を始めました。初乗りで走行できる距離は短いものの、従来の730円より320円も安い。引き下げによる利用促進効果を検証するもので、期間は9月15日までとなっている。場所は新橋駅東口で全日行うほか、浅草駅前など3カ所でも順番に約10日間ずつ実施とのことです。

 本格運用については、「日本交通」が国土交通省に申請しましたが、同様の申請が他社からも必要で、その後国交省に認められる必要があります。

子育て世代にも優しいチョイ乗りタクシー

 ビジネスマンだけではなく、雨の日や時間がない日の保育園への送迎や買い物などどうしてもタクシーを使うことが多くなりがちな都内の子育て世代にとっては家計に優しいタクシーの登場となりそうです。
 料金体系から行くと1.059kmまでが初乗り410円、1.296kmまでが490円でワンコインでの乗車が可能となります。

410円タクシーの料金体系は?果たしてお得か?

 現行のタクシーは2キロまで730円。以降280メートルごとに90円。今回の実証実験では1.059キロまで410円。以降237メートルごとに80円

となっています。わかりにくいのでグラフにすると次のとおりです。

f:id:monkey_papa:20160805203713j:plain

 グラフからわかったことをまとめると次のとおりです。低速で作動する待ちメーターは考慮していませんので交通事情によっては異なりますのでご注意ください。

  • 1.77kmまでは650円となり730円の初乗り料金より安くなる。
  • 2.0kmでは410円タクシーが20円高い。
  • 4kmまではそれぞれが安かったり高かったりして、4kmだと同じ料金。
  • 4kmを超えると410円タクシーは徐々に割高となる。